面接後のお礼メールは必要?そのメリットや作成のポイントとは

面接が終わった後にお礼のメールを送ることは、特に必須のマナーというものではない。このため、志望者の中にはお礼連絡をする人もしない人もいるが、日系企業においては、お礼連絡に一定のメリットがあるのも確かだ。主なメリットとしては、「応募企業への意欲をアピールできる」、「人事担当者に礼儀正しい印象を与えられる」といったものがあり、これらは面接の合否を覆すまでの効果はないとしても、採用担当者が合否を迷っている場合に背中を押す可能性はある。とはいえ、内容の薄いテンプレート的なメールでは意味がない。今回は、面接後のお礼のメールの書く上で重要なポイントを解説する。

 

 

 

 

 

 

お礼のメールの方法

タイミング

お礼のメールは、面接当日、遅くても翌日の午前中までには送ろう。企業は早ければ当日、遅くても2、3日中に合否を決める。企業が合否を決める前に印象づけなければ意味がないからだ。

 

宛先

お礼のメールは企業の採用担当用メールアドレスに送るのが一般的だ。これは普通、企業から送られてくるメールや企業の採用ページ上にある。

 

具体例とポイント解説

ここからは具体的なメール例を見ながらポイントを解説していく。左側が文例、右側がポイントだ。

以上のポイントを参考に書いてみてほしい。礼儀正しく、自分らしく、簡潔に情熱を伝えることを意識しよう。

その他、日本語求人などの情報については Japanese-jobs.comhttps://jp.japanese-jobs.com/ja)をご覧ください。

関連記事