日系企業にとって魅力的な自己PRの作り方

面接における自己PRの方法は人それぞれ異なるものだ。各自のスキルや経験、強み、価値観などはひとりひとり違うからだ。しかし、こういった自己PRにおいても、企業の採用担当者に響きやすいもの、響きにくいものはある。今回の記事では、選考突破の鍵となる自己PR作りにおいて、おさえておきたい基本的な考え方や具体的プロセスを解説する。

 

 

 

 

 

 

 

自己PRのポイントは企業が求める人材との接点

企業の採用活動においては、人事部はどのようなスキルや経験、強みを持っている人をどのくらいの人数、いつまでに採用するといった採用戦略を立てている。このため、志望者の自己PR作りにおいては、この企業の求める人材像と自らの接点を見つけ、ここをアピールすることがもっとも重要だ。単純に自己分析した自らの経験や強みを語るのではなく、この中から応募先企業のビジネスや実際の業務にマッチし、貢献できるポイントをアピールしよう。

 

では、企業の求める人材像を把握し、自分との接点を見つけるためにはどうすればいいだろうか。ポイントとなるのは、企業分析と自己分析のすり合わせだ。

 

効果的な企業分析の方法

企業の求める能力や経験を把握するためには、選考前の情報収集は欠かせない。企業のホームページや就職情報サイトなどの情報、会社訪問などの機会を最大限に利用しよう。このとき、どのような人材を求めているかが具体的に書かれている場合もあるが、そうでない場合は応募先企業の業界やビジネスモデルを参考にしてイメージをふくらませることが重要だ。具体的には、応募先企業の顧客はどのような人々か、取り扱っている商品やサービスはどのようなものか、これらをいかに販売しているかなどの情報を参考に求められる人材の能力や経験、強みなどをイメージしていく。

 

自己分析と照らし合わせて接点を見つける

以上のように行った企業分析を踏まえ、応募先企業の求める人材と自らの自己分析を照らし合わせて接点を見つけていく。このとき、たとえば、志望者の強みの1つに外国語でのコミュニケーション能力があり、これが応募先企業の求める能力に当てはまるというような場合は、この強みのより詳しい説明(言語であれば関連する保有資格、読み書き・スピーキング・聞き取りの具体的なレベル、これまでの利用シーンなど)や入社後どのように業務で活かしていけるかなど、より具体的な話もできるようにしておこう。たとえば、効果的な自己PRは以下の図のようなイメージだ。

以上が自己PR作りのポイントになる。企業ごとに選考前にしっかりと情報収集をし、企業の求める能力にマッチしたエピソードを自己PRに盛り込み、自分の魅力を最大限アピールできるように準備しよう。

関連記事